Parabootシューズのお手入れ

革は、生きている素材、高貴な素材です。その品質の良さにより厳選されたParabootの革は、履き心地または美しさだけでなく持久性のすべての面で、あなたに100%の満足感を届けてくれます。

Embauchoir

そのためには、そのシューズを大切にすること、お手入れをすることが大切です。ここで靴のお手入れについてご説明致します。
汗と雨は革の大敵です。ニスを塗っていない木型は、靴の湿気を取り除き、靴の型を保ち、持久性を強化してくれます。
靴を履いた後は、その都度ニスを塗っていない木型を入れ、通気性の良い常温の場所に置くことをお勧めします(必ず高温の場所はさけて下さい)。雨や雪の場合、アッパーに白い跡が残らないように、水できれいに拭いて下さい。
万が一、革ソールの靴が濡れてしまった場合、薄板において乾燥させます。反対に、靴の持久性を保ち足の健康のためにも、同じ靴を何日も続けて履かないようお薦め致します。

靴が痛んだと気づく前に、定期的に靴のお手入れをして下さい。
正確なお手入れ方法とは、次のような段階を順番に行う必要があります。
まず始めに、ブラシで革の汚れを落とし、濡れたスポンジできれいにします。
それから靴が再び乾いた後、革の性質に合ったメンテナンス材を塗ります。品質の良い革はそのクリームにすぐに反応します:洗浄剤、ワックス(できればナチュラルワックスが良い)、オイル(適量で)またはより繊細な革には保湿クリームを塗ることにより、靴を復活させ、より強くします。
最も良いお手入れ方法として、革を数時間休ませることが大切です:休ませることによって、革の奥深くまでメンテナンス材が浸透し、メンテナンス材を乾燥させる時間が長い程、革の光沢が一層美しくなります。
最後に、お履きになっている靴が革ソールの場合、柔軟性と防水性を促すために、オイルでソールを磨くことをお勧めします。

お手入れ方法について最後に2つのアドバイスです。靴を磨いた後すぐに履くのは、避けて下さい。そして、常に靴べらをお使いください。靴べらを使うことによって、圧力によって靴の型が崩れることまた、かかとの縫い目の摩擦を防ぎます。

質の良いメンテナンス材の使用

Produis_entretien

Parabootでは、靴周りに関しても多くの商品を取り揃えておりますので、お客様の靴に適した商品を見つけることが出来ます。Parabootの靴墨、オイル、乳鉢、エッセンシャルオイルまたは、防水材は、 革の質の柔軟性を持たせ、改良・向上させるために、特別に作られています。
詳しくは、Parabootブテッィクのスタッフまたは認可された靴職人にお気楽にお尋ね下さい。

Parabootシューズの修理

Parabootのすべてのノウハウが込められているシューズであるからこそ、お客様がParabootシューズに愛情を持って下さっていることを知っているからこそ、認可された靴職人にParabootシューズを修理に出すことをお勧め致します。