ノウハウ

Atelier_fabrication

フランスのアルプスの麓にあるIsère県Izeau市やTillins-Fures市のParaboot工場を覗いたら、ノウハウと集中力を要求する仕事に熱中している裁断師、裁縫師、組み立て作業師を目にすることでしょう。

Parabootシューズは,現在も尚フランスで製造されています。150以上の手作りの工程は、Parabootシューズ製作には欠かせない製法となっています。それはこの会社がまだ数人の従業員しかいなかった1908年から変っていないのです。

Parabootの歴史の中で、この家族経営企業は、「ノルヴェイジャン製法」と「グッドイヤー製法」といった最も複雑な製法を守っていくことを選んだのです。それは履き心地の良さ、完璧な完成度と不変の魅力を生み出すブランドの名声の価値を永続させるためなのです。

ParabootはRémy Richardがソール製造にナチュラルなゴムを使い始めた1927年から今もなおラバーソールの多くを製造しています。ソールにゴムを使用するのは靴作りの世界では、珍しいことでした。

「メイド・イン・フランス」とは何でしょう?

Le_Made_in_France

「Paraboot」の名前は、アングロサクソンの響きがありますが、それは、このブランドの歴史から来ています(「Paraboot」はラテックスを輸入するアマゾンの港「パラ」港とアメリカ合衆国でRémy Richardが発見した興味深い靴「ブーツ」を組み合わせたものです)。しかし、100%フランス製であることは変わりありません。

一世紀以上、Parabootは独自の手作り生産の道具とノウハウを引き継ぐ努力を続けています。

ご存知でしたか

ナチュラルゴムは大きなイノベーション

Parabootのゴムソールの伝説的な柔軟性と持久性は、ナチュラルなテラックスを原料にした製造と、企業秘密処方であるゴム合成法を取り入れた特別な工程から来ています。 60年代の初めまで、Tullins-Furesのアトリエでこの製法が行われていました。 現在は、ゴム板がすぐ加工可能の状態となって工場に届きます。しかし、Parabootはこの工程を使用する最後の靴製造会社の一つとなっています。